桂泉会は、「地域に開かれ、愛され、信頼される」施設をめざして、役職員ともども一層の努力をいたします。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

社会福祉法人 桂泉会

お電話でのお問い合わせ 0195-43-3100

岩手県二戸市金田一字上田面 301-1 

本文のエリアです。

太陽の里

バス遠足に行ってきました。(2018年6月30日)

 

 

昼食バイキングを行いました。(2018年6月13日)

毎年、春と秋に昼食のバイキングを行っています。春は焼肉がメインで普段の給食とは違う、趣向を凝らした雰囲気で食べて頂いています。みなさん食欲が旺盛であっという間になくなり、ご家族やお隣の「つくし相談支援事業所」の職員にもお手伝いいただきましたが、焼き上げ班は大忙し。みなさんのたくさんの笑顔を見られて、みんな大満足でした。 

 

 

 

 

軽米町チャレンジデーに参加しました。    (2018年5月30日)

チャレンジデーとは、日常的なスポーツの習慣化に向けたきっかけづくりやスポーツによる住民の健康づくり、地域の活性化を目的とした住民総参加型のイベントです。今年の対戦相手は、秋田県八郎潟町です。利用者のみなさんも昼休みにラジオ体操で参加してくれました。

 

 

                                                                                                                                      

 

 

 

 

 

 

ヒマワリを植えました(2018年5月14日)

平成30年5月14日、陽光の下、園芸活動を開始しました。今年の植栽の中心はヒマワリ。土の入れ替え後、プランターへ丁寧に種を植え付けます。

菜園の土作りが始まりました(2018年5月11日)

平成30年5月11日、今年も中庭にて菜園の土作りが始まりました。

美味しい野菜を作るために欠かせない作業です。

 

外出買物を実施しました(2018年4月25日)

平成30年4月25日、今年度初めての外出買物を実施しました。行先は八戸市ピアドゥです。あいにくの雨模様でしたが、皆さん思い思いに買い物や食事を楽しんでいました。

 

 

 

太陽の里からのお知らせ

★生産活動として印刷作業・軍手の販売を行っております。

 名刺・封筒・年賀状等各種印刷を受け賜わっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

事業内容

★ 生活介護事業 【定員30名】

介護を必要とされる障がいのある方へ、昼間に入浴、食事の介護等を行います。

また、日中活動の場で希望される方には、機能維持・リハビリを目的とした軽作業(生産活動)の機会を提供し、従事された方には工賃を支給しております。

施設概要

 

利用のご案内

ご利用できる方

◆生活介護(日中サービス)
入浴・排せつ及び食事等の介護、生産活動その他必要な援助を要する障がい者であって、常時介護を要する方に主として昼間において必要な日常生活上の支援、相談及び助言、その他の身体機能または生産能力の向上のために必要な援助を行ないます。

定員・・・30名
対象・・・障害程度区分3以上(50歳以上は2以上》の方

ご利用の申し込み
  1. お住まいの市町村の障がい担当課へ。*1)サービス等利用計画案の提出依頼書を頂きます。指定特定権談支援事業所に*1を持参してご相談します。
  2. 相談者の希望をもとに*2)サービス等利用計画案を作成します。
  3. *2)を添えて両び市町村窓口ヘ申し込みます。
  4. サービス利用支給決定
  5. 決定通知を受け、指定特定相談支援事業所が利用予定事業者、関係者等を集めサービス担当者会議を開催し、利用計画書を確認します。
  6. 契約・利用
  7. その後、概ね6ヵ月に1回の割合でサービス利用等について関係者聞の状況を聞き取ります。
ご利用料金

(1)利用料
施設障がい福祉サービスを利用した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準を超えない範囲において、市町村長が別に定める額とし、その他費用にあたる利用料の合計額とする。
 

(2)事業所は施設障害福祉サービスにおいて提供される便宜に要する費用のうち次の各号に掲げる費用の支払いを支給決定障害者から受ける(重要事項説明書及び契約書別紙に記載)ものとする。
(ア)食事の提供
(イ)光熱水費
(ウ)送迎に要する交通費
(エ)その他、日常生活においても通常必要となるものに係る費用であって、利用者に負担させることが適当と認められるもの

ページトップへ戻る